締めくくりは

2月28日

今日で2月も終わりです。氷点下7.5度まで下がった安曇野も日中はグングン気温も上がり小春日和になりました。
明日から3月と思うと気分はもう春ですね。好天で締めくくりました2月最後の日です。

常念道祖神

常念道祖神

梅ほころぶ
梅もほころんできました

冷凍庫から冷蔵庫へ

1月13日
昨日は日本海側程ではないですが安曇野でも積雪となりました。昨年は雪のゆの字も無かった安曇野とは大違いですね。ただこれが普通なんでしょうね。
寒さは相変わらずですね。今日あたりから少し寒さも緩むそうなので一息つけそうです。
冷凍庫の中から冷蔵庫に移動です。
まだまだ日影などは路面は凍結してますので運行時は要注意です。とにかく事故だけは無く安全運転で行かなければと気を引き締めます。
常念道祖神

常念道祖神
早朝の常念道祖神より

寒さ緩む
寒さ緩む

寒さ緩む
久し振りのプラス気温
寒さ緩む
久し振りに常念岳現る 手前の建物は安曇野市役所です

寒さの本番はまだなのに

12月21日
氷点下7度! まだ12月だと言うのに本格的な寒さの安曇野です。洗面所の気温が4度寒すぎです。
まだまだこれからが寒さの本番と言うのにね。アルプスは更に寒そう~

蝶ヶ岳
凍てつく寒さです 蝶ヶ岳2677m

常念岳
常念岳2857m

常念道祖神
常念道祖神と常念岳

常念道祖神
常念道祖神と有明山

更にグッと

12月10日

この冬記録更新、更にグッと冷え込み気温は氷点下4度!あたりは霜で真っ白ですね。昨日はアルプスは雲が多く見えなかった常念岳もクッキリ雪はまだまだ少ないです。日中は10度を越える暖かさになるそうで寒かったり暖かかったりを繰り返す12月です。

常念岳 常念道祖神

落葉

11月13日

本日は素晴らしい秋晴れとなり日中は16度まで上がる陽気(朝は氷点下でしたが)
ここ堀金の桜もかなり葉が落ちました。でも敷き詰められた落ち葉がこれまた秋らしくていいものです。
ほんとに穏やかな1日でした。それでもコロナ第3波と言われている昨今、油断はできないですね。
落葉する桜と常念岳

千度石

千度石

こよみの上では

5月5日

本日、こどもの日と同時に夏の入口の立夏です。これから立秋までは暦の上では夏です。

日差しはなかなか強くなって夏の暑さを感じるぐらいですが、風がとても爽やかであります。

今年のGWは皮肉にも本当に安定した天候に恵まれ、ある意味自粛が大変なGWとなってしま

いました。

ここは割り切って自宅の掃除と片づけに徹してあとは体がなまらないようにご近所散歩です。

こいのぼり泳ぐ りんごの花満開 常念道祖神

 

マスク入荷

5月1日

ここ最近は、マスク無しでは居られない状態が続き、マスク不足でありましたが、

やっと入荷されドライバーに配布できるようになりました。最近は手作りマスクを

付けてらっしゃる方もおられますね。(写真の方も)

聞くところによれば裁縫用の糸も不足してるとか大変な時代になりました。

とにかく早く収束することを願います。

マスクしました マスクしました

終息祈る

4月17日

車内換気と消毒、乗務員はマスク着用で安心して乗車いただけるように心がけてます。

早く、この美しい安曇野に人々の賑わいう声が戻るように祈ります。

安曇野

天寿を全うする

3月10日
この日、国営アルプスあづみの公園の岩原口近くにある六地蔵の松(推定樹齢200年)が
天寿を全うし伐採されることとなりました。この地区ではとても親しみのある松の木で
有る為とても残念でした。

数年前から枯れてきたため二次被害防止の為に伐採されることになりました。

いつも或るものが無いのは寂しいですね。

六地蔵の松

 

六地蔵の松

六地蔵の松

六地蔵の松

六地蔵の松
切り株の先には、以前一部の枝が枯れて切られた切り株の上に種子が落ちて育った六地蔵の松の子が
成長していたのを発見し新たな六地蔵の松として植えられました。世代交代ですね未来で立派な松に
なる事を祈ります。
在りし日の六地蔵の松
在りし日の六地蔵の松(2020年1月29日撮影)

今季最高いや最低

2月7日

今季最高いや最低の気温となりました。最高なんだか最低なんだか分からなくなりました。

氷点下11度!久しぶりの二ケタですね。なかなか厳しい寒さです。ひと昔前はLPG車は

エンジンがかからないと言う車もままありましたが、最近は燃料がガソリン車とLPGの

バイヒューエル車やガソリンと電気のハイブリット車が増えてきた為、エンジンがかからない

ということは無くなりましたね。車も進化してます。

常念岳
堀金岩原付近
常念岳
常念道祖神より
凍てつく寒さ
堀金扇町付近

凍てつく寒さ
堀金扇町付近

後立山連峰
堀金下堀付近より