秋だね~

9月12日
日中の日差しはなかなか厳しいものがありますが、夕方から涼しくなり過ごしやすいですね。
辺りを見渡せばキバナコスモスに稲刈り前の田園風景。本当に秋だね~

キバナコスモス
国営アルプスあづみの公園にて

一面の稲穂
穂高豊里にて

輝く鐘の鳴る丘集会所

9月5日

早朝の鐘の鳴る丘集会所です。丁度、朝陽が時計台にあたりとても幻想的な姿になりました。
何度も見てますが、このようなシーンは初めてです。カッコいいですね。

秋の紅葉は素晴らしい。
朝陽に輝く鐘の鳴る丘集会所

朝陽に輝く鐘の鳴る丘集会所

マイカー回送ルート上には

8月15日

マイカー回送ルート上には松本電鉄様が運行されている新島々駅前を通過しますが、その向かいにとてもレトロな駅舎があります。その昔、松本電鉄島々線はこの先の旧安曇村役場のある島々まで線路は伸びていましたが1983年の台風災害で新島々駅と島々駅の区間は廃止され島々駅舎は、現在の終点駅新島々駅の道向かいに移築され保存されています。昔の駅舎って本当に渋いですねデザインも抜群です。後世に残したい建物の一つですね。

島々旧駅舎 島々旧駅舎 島々旧駅舎 島々旧駅舎

上田駅と安曇野を直結

8月8日

現在運行中の上田線は9月1日に入り途中にある三才山トンネル・松本トンネルが無料化に伴い

更に使いやすくなります。先日は上田駅から穂高駅までのお客様にご利用いただき好評をいただいております。

この上田線は安曇野の登山口も含まれ、交通の穴である東信と安曇野を直結する新たな交通手段として今後期待されます。

上田線 安曇野直行

上田線お申し込みはこちら ご予約はお電話にて

上高地行き定額タクシー

上高地行き 定額タクシー

上高地行き定額タクシー詳細はこちら

お客様へのお願い

バスを安心してご利用いただくための  お客様へのお願い

北アルプス山小屋情報

7月13日
今年は、長雨と梅雨らしい空模様が続きますが、いよいよ待ちに待った夏山という事もあり
北アルプスの山小屋もオープン間近です。
13日現在で入りました山小屋のオープン日です。

状況は天候や道路又は登山道の状況により変更する場合がありますので、必ず各々の山小屋へ

お問い合わせ下さい。
北アルプスの山小屋の宿泊受け入れ状況 7月13日現在注意:宿泊は完全予約制・場所によってはテント場も予約制の所もありますので詳細は山小屋へお問い合わせ下さい。

安曇野にある3つの山小屋の営業日が決まりました。

燕山荘と常念小屋は7月15日(水)から営業、蝶ヶ岳ヒュッテは7月20日(月)から営業となります。ご注意ください。

 

燕山荘

燕山荘

 

常念小屋
常念小屋

 

蝶ヶ岳ヒュッテ

蝶ヶ岳ヒュッテ

最後は意外と早いのね

6月26日
安曇野には標高570mの等高線に沿って流れる堰があります。奈良井川の水を取り込み途中梓川の下を通り終点の烏川まで全長約15㎞ 入口から出口までの標高差はわずか約5m。ゆっくりと流れるのが特徴ですが、出口付近は少し傾斜があるせいか梅雨時期なのか意外に流れは速かったです。この水が安曇野の田園を潤してくれます。(車道は行き止まりなのでUターンは気を付けてください)
1849年今から171年前に完成した拾ヶ堰の名前の由来は当時の10ヶ村を灌漑する意味で名付けられました。今や安曇野を代表する文化遺産です。

拾ヶ堰(じっかせき)
脇にあるのは穂高自動車学校です。

拾ヶ堰(じっかせき)
蝶ヶ岳に源を発する烏川へ合流します。最終的には元の流れで有った奈良井川へと流れ込みます。(奈良井川は梓川と合流し犀川と名前を変えます)

 

奈良井川から取水し流れは扇状地である安曇野を横断、標高570m地点をなぞりながら最終烏川へ流れます。

拾ヶ堰 マップ

安曇野市観光協会 新会長 選出

5月4日 市民タイムス記事より

2020年新観光協会 会長就任

季節はバラへ

5月24日

5月も下旬になるといよいよバラの季節ですね。今年は残念ながらバラ祭りは中止となり
ましたが、バラそのものはコロナの影響など関係なく華やかな花を開かせ始めました。

お昼休みのひと時バラを鑑賞するのも良いものです。心が和みます。

近代美術館のバラ庭園

近代美術館のバラ庭園

近代美術館のバラ庭園

近代美術館のバラ庭園

近代美術館のバラ庭園

近代美術館のバラ庭園

近代美術館のバラ庭園

近代美術館のバラ庭園