実りの秋

9月14日
9月も早いもので半ばとなりました。朝晩の涼しさは寒さを感じるほどになってきましたね。

わずか1ヶ月でこうも変わるものなのですね。
稲穂実る田園の脇には秋桜が咲き秋色が美しいです。窓から入ってる風がとても心地よいこの頃です。

小学校の社会科見学のコースの一部となっている松本市西吉部

田園と秋桜

秋桜

芸術の秋

9月12日
夕暮れ時の安曇野は絵画のようです。淡い色どりの田園は芸術作品的ですね。
稲穂実る田園
稲刈り直前ですね 穂高牧より
稲穂実る田園
薄くもやっているのが絵のように見えます
夕暮れ時の常念岳
アルプスのシルエットと夕焼け空のコントラスト美しい
夕暮れ時の有明山
今日山小屋に泊っている方は良い夕焼けが見れましたね

なんかかっこいい

9月7日

早朝の穂高駅は肌寒くなってきました。時刻はAM6:20まもなく始発電車がやってきます。

始発前の駅は静かです。そろそろ電車が着きます。

空は秋雲ではありますが今日の雲はなんかかっこいい鳥のような飛行機のような羽ばたいてる姿がに見えますね。

飛行機雲が交差してできたのでしょうか?

穂高駅前

かっこいい雲

安曇野=田園風景

9月6日

あの8月暑さはすっかり影を潜め、すっかり涼しくなった安曇野は一面の稲穂ですっかり秋模様です。

昔から言うと田園が少なくなってきた安曇野ですがこうして見るとさすが米どころ安曇野です。

圧巻の田園風景です。

一面の稲穂

白馬も身近です

8月31日

安曇野と白馬は約50km離れていますが、空港シャトル便や冬場の白馬での営業などで距離以上に身近に感じてます。

今日は8月最後の日、白馬はすっかり秋風が心地よい季節となってました。アルプスも空気が澄んできれいです。

山肌に万年雪が残るところはさすが白馬ですね。

白馬鑓ヶ岳と杓子岳
白馬岳は雲の中ですが白馬鑓ヶ岳と杓子岳はよく見えました。
白馬鑓ヶ岳と杓子岳

秋の味覚参上

8月30日

三郷小学校スクールバス運行する三郷小倉地区は御覧のように地区一体がリンゴ畑です。

もう赤く染まっているリンゴも見受けられ、秋の味覚の始まりだなと思わされました。

夏忙しく走っているとあっという間に秋になってしまいました。

りんご
重いぐらいに実ってきました。

夕暮れの涼しさは心地よい

8月28日

暑さが戻ったに日中は32度まで上がる残暑の厳しさも夕方日がアルプスに隠されるとぐっと涼しくなり風がとても心地よいです。

これが信州らしさですね。


夕方の穂高付近から見る有明山 だいぶ穂が垂れてきましたね。

すっかり秋模様

8月21日

暦の上では秋、間違いなく夏は終わったような涼しい風が朝晩吹くこの頃、田んぼに目をやれば稲穂が垂れ下がりはじめ緑から黄色に変わろうとしてます。

今年の夏は雨に泣かされた夏でもありました。あっという間に終わってしまった夏でした。秋は少しでも秋晴れの続く日を期待したいと思います。

稲穂

 

善光寺街道

11月24日

本日は、貸切運行の下見に筑北村へやってきました。好天に恵まれたおかげで気温は低いものの暖かい日差しのおかげで思ったほど寒く無かったですね。
こちらは、松本と長野善光寺を結ぶ街道筋は善光寺街道と呼ばれ青柳宿から切通しを抜け麻績宿へと続いています。1580年に青柳頼長が開削した大切通しは、高さ6m、長さ26mで、かたわらには馬頭観音像や百体観音が祭られています。
青柳宿からは青柳城址へ至る道があり山城からは北アルプスを見渡すことが出来素晴らしい眺望が望めます。

大切通し

IMG_7042

切通し周辺史跡案内
切通し周辺史跡案内板

筑北村から見るアルプス
筑北村青柳城址へ向かう途中から見る北アルプス 中央は爺ヶ岳 右に鹿島槍ヶ岳

何だ?これは?

11月22日

しかし極端な気温変化です。先日18度の朝を迎えたと思えば、今日は氷点下です。ころころ気温が変わり体がついて行けませんね。

そのおかげで、大糸線沿いはかなり濃い雲海となりました。その中に雲海を飛び出して見える尖ったものが見え隠れしています。

正体はKDDI長野ネットワークセンターの鉄塔です。安曇野のどこからでも目立つ大きな鉄塔が先の方だけのぞかせています。
鉄塔の高さは90m それを考えれば雲海の厚さは80mぐらいでしょうか。氷点下のなか雲海の中を歩くとまつ毛が凍るんですよね。

日中は暖かくなりそうです。日差しのありがたさを感じる11月後半です。

大雲海
堀金倉田付近より

KDDIネットワークセンターの鉄塔
4月頃のKDDIネットワークセンター