飢えと渇きの山

9月5日
静かなる山、その名は「餓鬼岳」!名前からすると登ると飢えと渇きを強いられる山かと思わされます。
実際、その通りになりそうなぐらい山頂までの道のりは長いです。

麓からは山頂付近に崖が見えることから崖岳と言われていたのが訛って餓鬼岳となった説もありますし大町市に残る飢餓伝説からと言う説もあります。

本当は、裏銀座コースを一望できる素晴らしい眺望の山です。長い行程でもありあまり人が多くなく静かな山行できる山で上級者の方に人気があります。

餓鬼岳からさらに北に延びる稜線を行けば最奥唐沢岳につながり、南へ行けば東沢乗越経由で燕岳へ稜線が延びています。

いずれにせよ鎖・梯子・岩場・急登・渡渉と上級者向けのルートです。初心者は経験者と同行が必要です。

 

餓鬼岳
 

中房温泉から白沢登山口までのタクシー料金はこちら

白馬も身近です

8月31日

安曇野と白馬は約50km離れていますが、空港シャトル便や冬場の白馬での営業などで距離以上に身近に感じてます。

今日は8月最後の日、白馬はすっかり秋風が心地よい季節となってました。アルプスも空気が澄んできれいです。

山肌に万年雪が残るところはさすが白馬ですね。

白馬鑓ヶ岳と杓子岳
白馬岳は雲の中ですが白馬鑓ヶ岳と杓子岳はよく見えました。
白馬鑓ヶ岳と杓子岳

登山口へのアプローチ県道・林道情報

8月16日

□中房温泉(県道327号槍ヶ岳矢村線)通称中房線

8月19日(木)12:00より通行止め解除 走行には十分気を付けて走行してください。

10月10日までの土曜・日曜・祝日は、中房温泉周辺の駐車場が満車の場合はマイカー規制が入ります。

その場合は、有明山神社駐車場温泉公園駐車場穂高駐車場などをご利用してタクシーまたはバスをご利用下さい。

中房線 有明山神社~中房温泉

 

□一の沢

現在通行可能ですが、道路に土砂の流入などございます。十分な注意が必要です。

麓の駐車場または南安タクシーへお車を駐車してタクシーでの入山をお勧めします。

 

 

□三股

現在通行可能ですが、かなりの道路への土砂流入があります。一部では土砂の上を走行するところもあります。

一の沢と同じく麓の駐車場または南安タクシー駐車場に駐車してタクシーでの入山をお勧めします。

三股林道 8月16日現在 三股林道 8月16日現在 三股林道 8月16日現在 三股林道 8月16日現在 三股林道 8月16日現在 三股林道 8月16日現在

降雨時の常念岳登山ルート一の沢の注意事項

常念岳(常念小屋)に通じる一の沢登山コースは雪や大雨以外の時は、初心者の方も安心して登山できる大変人気のコースですが一旦大雨が長く続くと、他の登山コースと違い沢ルートの登山道は一部沢が増水し渡るのが困難な状態になります。雨天時に下られる時は必ず常念小屋などから情報を入手して場合によっては下山を中止する判断も必要となります。

一の沢(降雨時の危険地帯)

威風堂々

8月11日

前回、安曇野の3大登山口を紹介しましたが、安曇野穂高地区には切っても切れない山がございます。それが有明山です。

通称、有明富士と言われ穂高有明地区から望めば本当に端正な富士山のような形をして後方にある燕岳よりも大きく威風堂々としてます。

その、有明山を中房温泉へ向かう県道から見るとその険しさは燕岳合戦尾根の比ではありません。

登山道は鎖場や急坂が多く初心者におすすめとは言い難いが、シャクナゲの群生や独特の樹形の樹に苔むした岩 健脚向けの200名山です。


台風が去った後でも中房川はかなりの水量です。
有明山
県道中房線途中より望む有明山、麓とは打って変わり険しいさがよく分かります。


玉垂トンネル先の朴の木橋付近

有明山(表参道)

中房温泉(燕岳登山口)へ行かれるバス会社様へ

6月19日
安曇野もすっかり梅雨空となりじめじめした季節を迎えました。登山のお客様もこの時期は少なく静かな山となってますが、来月になり梅雨も明ければ大勢の登山者で往来される県道327号通称中房線には、大型バスは当然通れませんが、中型バスでも大変厳しい道路となってます。
ここに紹介する場所は、高さの高い中型バスなどで通過する場合に気を付けていただければと思いご紹介します。

その一つが宮城ゲートから約7km中房温泉まで5kmポスト付近のオーバーハングの岩となります。車検証の高さで言いますと安全に通過できる高さの限界は3.4mまでとなります。但し、下りの時は右へカーブしながらの進入となる為、岩を気にするとガードレールが左に待ち構えてます。通過の際は最徐行で通過してください。

その他、防護ネットの張り出しによるボディー接触の危険、対向車とのすれ違いができないところも多数ございます。

南安タクシーでは、大型バスでお越しのお客様にマイクロバスにてお乗り換えなども対応しております。

尚、15名様以上の団体のお客様であれば穂高駅~中房温泉の一人様あたり乗合バスとほぼ同等で貸切マイクロバスもご手配可能です。

お気軽にご相談下さい。0263-72-2855

中房線危険個所 2
宮城ゲートから約7km地点付近 中房温泉方向 オーバーハングの岩のせり出し

中房線危険個所 1
宮城ゲートから約7km地点付近 宮城ゲート方向 オーバーハングの岩のせり出し

中房線危険個所 3
宮城ゲートから約6.5km地点付近 中房温泉方向 防護ネットの張り出し

中房線危険個所 4
有明荘と中房温泉区間 中型バスいっぱいの狭路

一気に駆け上がりました

4月9日

安曇野の桜の名所の一つ光城山の桜並木。麓と違いこちらは下から登山道沿いに山頂までの桜並木です。例年であれば、山頂付近が見ごろを迎えれば下のほうは散ってますが、今年は温暖なせいもあり、咲き始めたら一気に登山道を駆け上りましたね。

スイス村から見る光城山

スイス村から見る光城山の桜 スイス村手前は田んぼアートの展望台です。

光城山の桜並木

手前に犀川が流れ、さらに手前に長野自動車道が走ってます。

錦の中房渓谷

10月24日
紅葉は燕岳登山口にあたる中房温泉や中房渓谷を錦に彩りピークを迎えました。
ただ、山頂付近はもう冬のような寒さ登山者の方々もあまりの寒さに戻る方もおられました。

山と麓との寒暖差が激しい安曇野です。

中房温泉
中房温泉前より

IMG_6060
中房温泉テント場より
IMG_6065

IMG_6095

IMG_6114

IMG_6134
中房温泉バス停にて
IMG_6147
有明山

IMG_6188

IMG_6192

IMG_6199

IMG_6209

IMG_6212

中房温泉付近

中房温泉
中房温泉付近にて
中房温泉

有明荘前
有明荘前にて
信濃坂付近
信濃坂付近にて

山を駆け下りる紅葉

10月18日
昨日の雨は標高2000mより上では雪となりました。いよいよ来たかって感じです。
朝の気温は一桁暖房が欠かせなくなってきました。

紅葉は中腹が見頃となりご覧のように上から下へと彩が変わる山容が素晴らしいです。
ここは安曇野から30分程北上した大町市より見上げる後立山連峰です。

これから登山される方は冬装備をお忘れなく。

冠雪の常念岳
国営アルプスあづみの公園付近より

冠雪の常念岳

爺ヶ岳
三つの頂を持つ 爺ヶ岳 2670m

鹿島槍ヶ岳
二つの頂を持つ 鹿島槍ヶ岳 2889m

北アルプス山小屋情報

7月13日
今年は、長雨と梅雨らしい空模様が続きますが、いよいよ待ちに待った夏山という事もあり
北アルプスの山小屋もオープン間近です。
13日現在で入りました山小屋のオープン日です。

状況は天候や道路又は登山道の状況により変更する場合がありますので、必ず各々の山小屋へ

お問い合わせ下さい。
北アルプスの山小屋の宿泊受け入れ状況 7月13日現在注意:宿泊は完全予約制・場所によってはテント場も予約制の所もありますので詳細は山小屋へお問い合わせ下さい。

安曇野にある3つの山小屋の営業日が決まりました。

燕山荘と常念小屋は7月15日(水)から営業、蝶ヶ岳ヒュッテは7月20日(月)から営業となります。ご注意ください。

 

燕山荘

燕山荘

 

常念小屋
常念小屋

 

蝶ヶ岳ヒュッテ

蝶ヶ岳ヒュッテ