安曇野にある3つの代表的な登山口

①中房温泉

安曇野には大きく分けて3つの登山口があります。中房温泉(なかぶさおんせん)長野県安曇野市穂高の奥地秘湯と言われている温泉がある場所でもあります。
江戸時代から続く老舗の温泉宿は日本百名湯のひとつ。膠状珪酸および珪華は国の天然記念物に指定、本館菊など建造物7棟は国の登録有形文化財に登録されています。
そして、一番泊まりたい山小屋1位の燕山荘へ続く合戦尾根の登山口にもなっています。
合戦尾根は日本3大急登と言われていますが、各所に休憩ポイントがあり、初心者でも思いのほか登りやすい登山道です。
中房温泉~燕山荘
コースタイムには個人差がありますのであくまで参考となります。
 

②一の沢

北アルプスと言えば穂高岳に槍ヶ岳を中心とする飛騨山脈ですが、その東にそびえる通称安曇富士と言われる常念岳は、安曇野豊科・堀金・三郷地区にはシンボル的な存在です。
ピラミダルな端正な山塊は登山者の心を引き付けてやまないです。その代表的な登山口は源流を常念岳に発する一の沢沿いに上っていく沢筋の登山道です。
春は沢筋と言うこともあり雪崩の巣窟ですが、夏ともなると雪渓からの冷風が心地よいコースです。初心者を含め人気のコースです。
一の沢~常念小屋
コースタイムには個人差がありますのであくまで参考となります。
 

③三股

三股(みつまた)常念沢と蝶沢が合流する場所、ここ三股は蝶ヶ岳をメインとする登山口ですが、コースは常念岳と蝶ヶ岳両方に登れると言う安曇野では珍しい登山口です。
行程に余裕があれば入下山コースを変えることも可能です。また上高地徳澤へ下る最短コースでもあります。なんといっても蝶ヶ岳からの眺望の素晴らしさは前山でもトップクラスです。
穂高岳が近い分迫力あり、槍ヶ岳や槍沢越しの一大パノラマを見ると疲れは吹っ飛びます。
三股~蝶ヶ岳
コースタイムには個人差がありますのであくまで参考となります。

北アルプス山小屋情報

7月13日
今年は、長雨と梅雨らしい空模様が続きますが、いよいよ待ちに待った夏山という事もあり
北アルプスの山小屋もオープン間近です。
13日現在で入りました山小屋のオープン日です。

状況は天候や道路又は登山道の状況により変更する場合がありますので、必ず各々の山小屋へ

お問い合わせ下さい。
北アルプスの山小屋の宿泊受け入れ状況 7月13日現在注意:宿泊は完全予約制・場所によってはテント場も予約制の所もありますので詳細は山小屋へお問い合わせ下さい。

安曇野にある3つの山小屋の営業日が決まりました。

燕山荘と常念小屋は7月15日(水)から営業、蝶ヶ岳ヒュッテは7月20日(月)から営業となります。ご注意ください。

 

燕山荘

燕山荘

 

常念小屋
常念小屋

 

蝶ヶ岳ヒュッテ

蝶ヶ岳ヒュッテ

裏銀座ルート(マイカー回送)

6月23日

弊社にて行っているマイカー回送サービスのプランの一つに裏銀座コースを縦走する方の為に高瀬ダム登山口にあたる七倉山荘前にシーズン前に訪れてみました。緑豊かな山荘周辺は、このコロナの影響もあり閑散としてました。今年の夏はどうなることでしょう。
七倉山荘前②
七倉山荘前タクシー乗場

七倉山荘前③
タクシー(定員4名)2,400円片道

七倉山荘前①
南安タクシー豊科本社から七倉山荘前まで約1時間。そこから現地タクシー会社に乗り換え高瀬ダムへ
向かいます。裏銀座の入山口でも知られる高瀬ダムですが、昔は東京電力テプコ館より無料の発電所見学バスが出てましたが運行されない今はタクシー又は徒歩でしか訪れる事が出来ないダムです。

 

詳細はこちらへ⇒裏銀座コースマイカー回送

 

(写真は2017年秋の高瀬ダムです)

高瀬ダム
上から見下ろしても巨大さが十分分かります。

高瀬ダム

高瀬ダム
ダム堤頂の先にあるトンネルを抜けるといよいよ裏銀座登山スタートです。

高瀬ダム

このダムは高さでは黒部ダムに次ぐ第2位176mの巨大なロックフェル式ダムで一見の価値はあります。

烏帽子岳2628mなどアルプスの山並みを後ろに控えさせたダム湖からの風景はもう異次元の世界ですね。
一度はこの先に足を踏み入れたいものです。