登山される方へ緊急情報!!(中房登山口へ向かわれる方へ)

9月18日

燕岳登山口へ通じる通称中房線の林道が本日19時頃より雨量規制により現在通行止めとなっております。解除の予定は明朝6時以降の予定と見込んでいますが、安曇野市建設事務所からの連絡待ちの状況です。パトロールで倒木等により通行止めが長引く可能性もありますので、最新の情報を十分にご確認頂いて登山なさってください。

上記通行止め規制は9月19日(土)AM6:00に解除されました。

☆☆☆トピックス☆☆☆

9月11日付け 市民タイムスより
ふるさと企業この一手 2020年9月11日付け市民タイムスにて

上田駅と安曇野を直結

8月8日

現在運行中の上田線は9月1日に入り途中にある三才山トンネル・松本トンネルが無料化に伴い

更に使いやすくなります。先日は上田駅から穂高駅までのお客様にご利用いただき好評をいただいております。

この上田線は安曇野の登山口も含まれ、交通の穴である東信と安曇野を直結する新たな交通手段として今後期待されます。

上田線 安曇野直行

上田線お申し込みはこちら ご予約はお電話にて

上高地行き定額タクシー

上高地行き 定額タクシー

上高地行き定額タクシー詳細はこちら

北アルプス山小屋情報

7月13日
今年は、長雨と梅雨らしい空模様が続きますが、いよいよ待ちに待った夏山という事もあり
北アルプスの山小屋もオープン間近です。
13日現在で入りました山小屋のオープン日です。

状況は天候や道路又は登山道の状況により変更する場合がありますので、必ず各々の山小屋へ

お問い合わせ下さい。
北アルプスの山小屋の宿泊受け入れ状況 7月13日現在注意:宿泊は完全予約制・場所によってはテント場も予約制の所もありますので詳細は山小屋へお問い合わせ下さい。

安曇野にある3つの山小屋の営業日が決まりました。

燕山荘と常念小屋は7月15日(水)から営業、蝶ヶ岳ヒュッテは7月20日(月)から営業となります。ご注意ください。

 

燕山荘

燕山荘

 

常念小屋
常念小屋

 

蝶ヶ岳ヒュッテ

蝶ヶ岳ヒュッテ

いよいよスタート

市民タイムスより

あづみ野周遊バス 市民タイムス 7月5日付け

中古車情報 大量追加予定

2020.7.4

当社で使用しているバスやジャンボタクシー等の車両情報をアップする予定です。
コミューターバスからマイクロ・中型・大型まで載せる予定です。
コロナも第二波が押し寄せていて影響を受けそうで大変ですが、頑張ってます!!

_IMP8973

_IMP8972

中古車情報はこちら

成長著しく

7月1日

本社の柱に巣作りしたツバメは7月に入り一段と成長して所狭しと体を巣から乗り出し親ツバメが持ってくる餌を待ってます。
和みますね。

 

すくすく巣立つツバメたち
まだかな

すくすく巣立つツバメたち
早く来ないかな

すくすく巣立つツバメたち
そろそろかな

すくすく巣立つツバメたち
来た来た

すくすく巣立つツバメたち
待ってました

すくすくと

6月25日

南安タクシーには毎年巣作りするツバメがいます。今年はコロナウイルスや地震など天変地異の年となりましたが変わらずに元気な子たちが生まれました。5羽顔をのぞかせています。とても愛嬌がありますね。このような時代だからこそマイペースで行けと促してくれているのでしょうか。

ツバメの子供たち ツバメの子供たち ツバメの子供たち

裏銀座ルート(マイカー回送)

6月23日

弊社にて行っているマイカー回送サービスのプランの一つに裏銀座コースを縦走する方の為に高瀬ダム登山口にあたる七倉山荘前にシーズン前に訪れてみました。緑豊かな山荘周辺は、このコロナの影響もあり閑散としてました。今年の夏はどうなることでしょう。
七倉山荘前②
七倉山荘前タクシー乗場

七倉山荘前③
タクシー(定員4名)2,400円片道

七倉山荘前①
南安タクシー豊科本社から七倉山荘前まで約1時間。そこから現地タクシー会社に乗り換え高瀬ダムへ
向かいます。裏銀座の入山口でも知られる高瀬ダムですが、昔は東京電力テプコ館より無料の発電所見学バスが出てましたが運行されない今はタクシー又は徒歩でしか訪れる事が出来ないダムです。

 

詳細はこちらへ⇒裏銀座コースマイカー回送

 

(写真は2017年秋の高瀬ダムです)

高瀬ダム
上から見下ろしても巨大さが十分分かります。

高瀬ダム

高瀬ダム
ダム堤頂の先にあるトンネルを抜けるといよいよ裏銀座登山スタートです。

高瀬ダム

このダムは高さでは黒部ダムに次ぐ第2位176mの巨大なロックフェル式ダムで一見の価値はあります。

烏帽子岳2628mなどアルプスの山並みを後ろに控えさせたダム湖からの風景はもう異次元の世界ですね。
一度はこの先に足を踏み入れたいものです。