あと少し

3月18日

暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので、3月に入り冬の最後の粘り強さに体が

付いて行かなかったですが、ようやく本日暖かい日差しが戻ってきました。

まだまだ朝晩は寒いですが、日中の日差しはやはり春を思わせます。

そろそろわさびの花も咲いてるかなと思いわさび田をのぞきましたが、ちょっと

まだ早かったかな。だけど春の息吹はもう目の前です。
燕岳と有明山
まだ雪深い燕岳と有明山

常念岳
常念岳

後立山連峰
後立山連峰

早春賦の碑
早春賦の碑より

わさび田
わさび田と燕岳

わさび田

そう簡単には

3月9日

3月に入り暖かい日が続きましたが、信州はそう簡単には春は訪れません。

今朝の気温は氷点下5度!久しぶりに身が引き締まる寒さです。

ただ天気は上々すっきりした青空のもとアルプスは真っ白。

彼岸までは気が抜けません。

氷点下5度!
年輪に霜が付きました 見つめると動いてるように見えますね

霜柱
久しぶりに霜柱を見ました

常念岳
今日はクッキリ常念岳

常念岳と道祖神
常念道祖神より

常念岳と道祖神

後立山連峰
後立山連峰 白馬方面のアルプスも見事にクッキリ

スーパームーン

2月20日

深夜になってもやまない雨に、あきらめていたスーパームーン。

翌朝、北アルプスの稜線に美しい姿を魅せていました。

スーパームーン

「朝が好きになる街」、安曇野。
お月様の演出に感動です。

身が引き締まります

2月18日

今朝の温度は氷点下7度!

今週は伊豆の河津桜を見に行くと言ったとても春めいた内容の貸切がありますが

春めいた内容とは程遠い今朝の寒い安曇野です。
春の息吹まではもう少し我慢と言ったところです。

後立山連峰
春まだ遠し安曇野ですが3月も間近です。だいぶ日も長くなりました。あと少しです。

常念岳

ポカポカ陽気

2月5日

今朝も暖かい朝を迎えた安曇野はご覧のような冬晴れです。

日中も6度ぐらいまで上がり車内はポカポカ陽気。しかし

暖かいのも今日までかな。年々暖冬になるような気がしてなら

ないです。

冬晴れ

寒さは厳しいが

2月2日

さすがに気温が1日を通し氷点下では降った雪も解けません。但し車内にいると日差しがとても

暖かい日中です。

青空とアルプス

氷点下10.1度

1月27日

良く晴れた安曇野は放射冷却も相まって厳しい寒さの朝を迎えました。

昨日は雪が降り始めたので心配しましたが夜からは星も月も出て良い天気

いつ降るのだろうと思ったら快晴の天気。本当に今年は雪が降りません。

油断は出来ませんので気を引き締めて運転しなければなりません。

常念岳 燕岳・有明山 蝶ヶ岳と常念岳

たったの2000mだけど

1月18日
本日の安曇野は晴れ今朝の最低気温は氷点下5度ぐらいでしょうか、早朝は
塩カルを撒く音で目が覚めました。カーテンをめくればうっすらと雪化粧
少し降ったんだなと思いましたが、たいしたことはなく交通に影響が出る
程ではなさそうです。それでも気温が低い為濡れて塩カルを撒いてないところ
はツルツル危険です。こんな時こそ油断してはダメですね。
常念岳

アルプスは安曇野か約2000mの標高差がありますが、2000mって横にしてしまえば
たいした距離ではないですが上に2000m上がると麓とは別世界ですね
寒い寒いと言っている麓ですが、いったい山頂付近は何度になるんでしょうか?
考えただけでも寒そう~
燕岳と有明山

平成最後の年越し

12月31日

いよいよ今年も残り24時間を切りました。巷では最後の平成と言われて賑わっております。

私事ながら忘れもしない昭和から平成に変わる年に初めて富士山に登頂した事を思い出し

ます。あれから30年とは月日の流れはアインシュタインの相対性理論並に光速可して

感じてならないです。これからは更に1日1日を無駄にせずに行かなければと思います。

さて、その平成最後の大晦日は氷点下8度!からスタート グ~と身が引き締まる寒さです。

但し、好天気に恵まれ風もなく穏やかな暮れとなりました。

常念岳も平成最後の年越しに備えています。

氷点下8度

常念道祖神

南安タクシー豊科本社
お昼前になっても氷点下!しかし本社前に雪が全く無いのも珍しい

常念岳と蝶ヶ岳
スカッと晴れ渡り常念岳と蝶ヶ岳もクッキリ 田沢営業所付近より

燕岳と有明山
燕岳方面 鉄塔の左が燕岳 画面一番左の端が大天井岳

冬将軍来る

12月29日

寒さも本格的になりましたね。今朝の気温は氷点下6度!山麓はうっすらと雪化粧

それでもこの冬は雪が少ないです。大町より北は昨日から良く降ったそうでスキー場も

一安心ですね。年末年始は更に冬型が強まるそうなので暖かい格好でお過ごしください。

雪化粧

厳しい冬型