先日の崩落現場

8月22日
先日8月15日、中房温泉へ向かう県道327号にて法面崩落の為、通行止めとなっていた個所です。
現在は、更なる崩落を防ぐため土のう積み上げて対応して通行可能となってます。
昨今、雨量が大変多いです。県道327号は降雨規制で通行止めとなる場合が今年は多いです。
通行される方は、天気予報などや道路情報などを良く調べられてからお越しください。

法面崩落個所 復旧後

法面崩落個所 復旧後

運行再開

8月20日

中房温泉へ向かう県道327号法面崩落の為13日19:00から通行止めでしたが昨日12:00に開通し本日、早朝便は久しぶりの運行です。

工事関係者の方々により通行止めも最短で開通となり本日もたくさんの方が待ってましたとばかりにご乗車していただきました。

天候は仕方がないですが、通行止めになるほどは降らないでほしいですね。

穂高駅乗車風景
早朝穂高駅5:10発の便でご乗車

朝焼け
バス停からも朝焼けが見られました。もう秋の気配が濃厚です。

厳しい暑さ

7月22日

穂高駅前から見る入道雲は夏・夏・夏を感じさせます。気温は30度越え 厳しい暑さです。

それでも太平洋側から言うと乾燥してますので、都会の方は過ごしやすいみたいです。

これで湿度があるといられないですね。そこは信州です。

穂高駅前

夏本番

7月17日

昨日梅雨明け宣言がだされた信州は、夏本番となりました。

本日の中房温泉行き定期バスは一気に乗車するお客様が増えました。

感染対策を万全に安全運行で出発です。この夏も暑くなりそうです。

IMG_1371
JR穂高駅5:10発乗車待ち風景
IMG_1370

新 定時定路線 運行スタート

7月5日
新たに、豊科駅~田沢駅 定時定路線がリニューアルして運行スタートしました。

午前中の便はコミューターバス(乗車定員12名)、午後の便はマイクロバス(乗車定員27名)にて運行

どなたでもご乗車できます。ぜひご利用下さい。

豊科~田沢 定時定路線 路線図と停留所
定時定路線 2021年7月5日 改訂 1600

中房温泉(燕岳登山口)へ行かれるバス会社様へ

6月19日
安曇野もすっかり梅雨空となりじめじめした季節を迎えました。登山のお客様もこの時期は少なく静かな山となってますが、来月になり梅雨も明ければ大勢の登山者で往来される県道327号通称中房線には、大型バスは当然通れませんが、中型バスでも大変厳しい道路となってます。
ここに紹介する場所は、高さの高い中型バスなどで通過する場合に気を付けていただければと思いご紹介します。

その一つが宮城ゲートから約7km中房温泉まで5kmポスト付近のオーバーハングの岩となります。車検証の高さで言いますと安全に通過できる高さの限界は3.4mまでとなります。但し、下りの時は右へカーブしながらの進入となる為、岩を気にするとガードレールが左に待ち構えてます。通過の際は最徐行で通過してください。

その他、防護ネットの張り出しによるボディー接触の危険、対向車とのすれ違いができないところも多数ございます。

南安タクシーでは、大型バスでお越しのお客様にマイクロバスにてお乗り換えなども対応しております。

尚、15名様以上の団体のお客様であれば穂高駅~中房温泉の一人様あたり乗合バスとほぼ同等で貸切マイクロバスもご手配可能です。

お気軽にご相談下さい。0263-72-2855

中房線危険個所 2
宮城ゲートから約7km地点付近 中房温泉方向 オーバーハングの岩のせり出し

中房線危険個所 1
宮城ゲートから約7km地点付近 宮城ゲート方向 オーバーハングの岩のせり出し

中房線危険個所 3
宮城ゲートから約6.5km地点付近 中房温泉方向 防護ネットの張り出し

中房線危険個所 4
有明荘と中房温泉区間 中型バスいっぱいの狭路

国道158難所 着々と

6月16日
夏の時期は、上高地へ向かうこの国道158号を何回何十回と走行しますが、安曇3ダムの区間は国道としては険しく大型バスはすれ違いもままならないほどのトンネル続きの難所です。
特に道の駅風穴の里から先奈川渡ダムまでは狭く曲がったトンネルの連続です。過去には事故も発生し一旦そのような事故があれば逃げ道もない道路です。しかし観光シーズンはメイン街道となります。この国道の拡幅工事は念願でもありました。その工事も着々と進行して地図でイメージするような状態が現実の形になってきました。1日も早く完成することを祈ります。

国道158号 新トンネルバイパス
地図の黒丸の部分が下記の写真の位置です

橋梁部
奈川渡1号トンネルと2号トンネルを結ぶ橋梁

奈川渡1号トンネルと接続橋梁部
奈川渡1号トンネル(未完)と橋梁との接続部分

奈川渡2号トンネル西の入口
奈川渡2号トンネル西側入口付近

夏の空と梓湖
夏空の下の奈川渡ダム湖(梓湖) 水があるだけで涼しく感じます

梓川
新緑の梓川 鵬雲岬付近より 険しい梓川を並走するように国道は走ってます

いよいよ山が開く

4月16日

いよいよ、中房温泉に通じる県道もまもなく開通です。その前に建設事務所・建設会社・安曇野市・林野庁・温泉公社・中房温泉と各々関係者にてゲートから通じる県道の視察を行いました。

例年はマイクロバスでの移動ですが密を避けるため、各々各社の車両にて移動となりました。今年は雪が少なく道路状態は悪くはないですが崩落個所の工事などの説明を受け24日からの運行に備えたいと思います。

道路のゲートオープン一般車両の通行は問題が無ければ4月23日12時からとなります。この時期は落石が多いですので十分気を付けて走行してください。

今年は、温泉の源泉の配管工事の為、安曇野市の市営第2駐車場の半分は使用できませんので登山口周辺の自家用車駐車スペースに限りがございます。バスやタクシーなどの交通機関のご利用をお勧めします。

宮城ゲートそばでの会議です
冬季閉鎖の宮城ゲート付近にて

終点の中房温泉バス停&タクシー乗り場にて
中房温泉ローター付近にて


市営第2駐車場での温泉配管設備工事風景

市営第2駐車場工事現場

有明山神社駐車場周辺の桜
麓の桜は終わりましたが、有明山神社の桜は見頃ですね。

熊倉の渡し

1月28日

安曇野市豊科高家(たきべ)の犀川沿いの熊倉地区には「熊倉の渡し」と言う渡し船の跡地があります。その昔、松本藩の天下の公道として重要な交通の要所だったそうです。

昭和30年代まで実際に使用されていたことを考えると重要な交通手段だったですね。

現在は下流に田沢橋、上流にアルプス大橋がかかり交通の要所は変わりました。

300年以上前に過酷な年貢で苦しむ農民を救おうとした同志のリーダー「多田加助」が捕縛され

この熊倉の渡しにて松本領に護送された歴史を後世に伝えるものとしても有名です。

熊倉の渡し

熊倉の渡し
犀川の対岸が松本市です

熊倉の渡し

スキーシャトルバス発進

12月26日
いよいよ今季もスタートしました。【鹿島槍スキー場&爺ヶ岳スキー場行き無料シャトルバス】

今年は雪も上々ゲレンデコンデションもGood!

詳細・予約につきましてはこちらへ
鹿島槍スキー場行きシャトルバス
始発松本駅アルプス口停留所

爺ヶ岳スキー場停留所
今季より新設の爺ヶ岳スキー場停留所

鹿島槍スキー場行きシャトルバス
鹿島槍スキー場セントラルプラザ前停留所

鹿島槍スキー場
鹿島槍スキー場

鹿島槍スキー場
鹿島槍スキー場

鹿島槍スキー場
鹿島槍スキー場

鹿島槍スキー場行きシャトルバス