飢えと渇きの山

9月5日
静かなる山、その名は「餓鬼岳」!名前からすると登ると飢えと渇きを強いられる山かと思わされます。
実際、その通りになりそうなぐらい山頂までの道のりは長いです。

麓からは山頂付近に崖が見えることから崖岳と言われていたのが訛って餓鬼岳となった説もありますし大町市に残る飢餓伝説からと言う説もあります。

本当は、裏銀座コースを一望できる素晴らしい眺望の山です。長い行程でもありあまり人が多くなく静かな山行できる山で上級者の方に人気があります。

餓鬼岳からさらに北に延びる稜線を行けば最奥唐沢岳につながり、南へ行けば東沢乗越経由で燕岳へ稜線が延びています。

いずれにせよ鎖・梯子・岩場・急登・渡渉と上級者向けのルートです。初心者は経験者と同行が必要です。

 

餓鬼岳
 

中房温泉から白沢登山口までのタクシー料金はこちら