連日の寒さに

1月28日
1月も終盤となり寒さも一段と強くなってきました。連日氷点下13度~14度!
凍り付くことのないトイレの手洗い場の水道が凍り付いてしまいました。
こんなことは初めてです。
結晶
車のドアにも結晶が出来てます
もう何もかも凍り付きます。冷凍室要らずです。

まつもと空港シャトル便

1月27日
今朝は強烈でしたね。安曇野で氷点下14度です!
さすがに体の芯まで寒さが染みわたります。
さて今日の信州毎日新聞に我社が運行しています空港シャトル便が記事として取り上げら
れました。
昨年暮れに導入したジャパンタクシーやユニバーサルデザインタクシーなどが主体となり
北は栂池まで運行してます。昨今は外国のお客様を増え特にスキーやスノボー持ったお客様には
荷物室の広いUDタクシーは大変好評をいただいております。
新車両は今後乗合事業にも積極的に参入して安曇野や大北地域の公共交通を活性化できれば
と思っています。

まつもと空港シャトル便

1月27日付け信州毎日新聞より

さすが大寒

1月25日
今朝の安曇野は冬本番の厳しい寒さから始まりました。最高気温が氷点下!
先日降った雪は至る所でカチカチ。路面はかなり除雪が行き届いていたため
主要道路はきれいですが若干残っている脇道は氷上スケートリンク状態で
極めて危険な状態です。狭い所に行かざるを得ないタクシードライバーは
大変です。トランクに重しを乗せて。チェーンを巻き腕の見せ所です。

大寒の安曇野
なにもかも凍りつきます

大寒の安曇野

スケートリンクが出来ました
ツルツルのスケートリンク状態です

一夜明け

1月23日
昨日午後から降り始めた雪のピークは過ぎ去りましたが、時折吹く風は強く
山の木々に積もった雪を払い飛ばし一帯が一時的にホワイトアウト状態になり
まだまだ油断できない日となりました。気温は最低が氷点下5度、最高が2度と
1日を通し寒い日となりました。1月ですからね当然と言えば当然ですが寒いです。
本日整形外科へ行ったのですが、こんな天気のせいで病院もガラガラで普段なら
半日つぶれることもあるのに、本日に限ってはあっという間に終わりました。

国営アルプスあづみの公園付近
国営アルプスあづみの公園内

冬将軍到来

1月22日
朝は雪の「ゆ」の字も無かった安曇野がついに午後から降り出した雪で一面白の世界
となりました。夜になるまで手加減なしに降る雪はみるみる30センチほど積もり
午後からはほとんど除雪に追われました。渋滞などはありましたが事故など無く本当
に良かったです。退社する頃にはどこに車があるのかと思うくらい車の上に積もってました。
やれやれ久しぶりに筋肉痛は間違いないな。
南安タクシー豊科本社前
まだ降りはじめの状態です

南安タクシー豊科本社前

南安タクシー豊科本社前

駐車場
なんじゃこりゃ

今週末も晴れ

1月20日
今週の週末も好天に恵まれた安曇野です。この冬雪が無いし若干気温も高めかと
思い自転車で通勤に使ったところ、やはり寒いことは寒い。肌の出している顔が
とても痛いです。気温は氷点下4度自転車通勤にはかなりの防寒が必要ですと言うより
やめといた方が良いか。
予報では来週は雪が降りそうなので自転車をまた物置の中で冬眠です。

夜明け
本日も良い天気です  左端は美ヶ原王ヶ頭です

北アルプス

雲泥の差

1月15日

本日も朝は氷点下7度と厳しい寒さではありましたが、昨日までと違うのが

日中の気温でしょう。昨日は最高気温でも2度に届かず寒い一日でしたが、

今日は11時で7度ん~暖かい 人間の感覚とは面白いものです7度が暖かく感じます。

しかしアルプスはすごい雪なのに安曇野は、なにこれと言うくらい雪が無いです。

こんな年も珍しいです。

安曇野から見る鹿島槍ヶ岳
国道147号線から見る鹿島槍ヶ岳と五龍岳です。雪の量が雲泥の差です。

小寒ではあるが

1月14日
二十四節気では小寒のこの時期ではありますが、気分はもう大寒ですね。
なにもかも凍りつく厳しい寒さの安曇野です。
また今日は、南極観測所に置き去りにされたタロとジロが生存されているのが
確認された日であり「愛と希望と勇気の日」でもあります。
タロとジロの事を考えればこのくらいの寒さは跳ね飛ばさなければ。

常念岳

常念岳

予想とは裏腹に

1月7日
今朝も氷点下8度を下回る厳しい寒さから始まった安曇野ですが、気になるのは
雪の少なさです。昨年は早くから雪が舞っていたので、この冬は雪が多いぞと
思いきや、この時期に田んぼが白くないです。
雪が無いと運行する方としては楽ではありますが、ちょっと寂しいですね。

後立山連峰
アルプスの雪の量は凄いですけどね

燕岳&有明山

常念岳

JPN TAXI(ジャパンタクシー)

1月4日
巷で話題のジャパンタクシーが南安タクシーにやってきました。
安曇野では最初の1台ですので目立ちますね。
乗り心地や車内からの視界に乗降のしやすさも良好、今年はジャパンタクシーの
活躍を期待します。
運賃は普通タクシーと同額です。ぜひ乗車を体感してみてください。

ジャパンタクシー

ジャパンタクシー

ジャパンタクシー

ジャパンタクシー

ジャパンタクシー

ジャパンタクシー

ジャパンタクシー