小正月三九郎を前に・・・

2016/1/9

 毎年この時期に行われる火祭り「三九郎」(さんくろう)この中心地域独特の呼び名だということで、住んでいながら当たり前の呼び名だと思っていたのでびっくりです。
他の地域ではどんど焼きという呼び名のようですね。

三九郎とは、ダルマや正月の飾り、書初めなどを焼いて1年間の無病息災を願う行事です。
三角の形に作り焼いていくのが基本で書初めを燃やすと字がうまくなるなどの願いがあるということで、勢いよく燃えてる時の光景はすごいですね!!

ある程度燃えたあとは枝にまゆ玉をつけて焼いたら帰って食べるのが定番です。
これを食べると風邪を引かない、虫歯にならないなどの効果があるということです。

新年の始まりにぜひ参加しておきたい行事ですね(^^)

20160109_130002 20160109_130025 20160109_130124 20160109_130209 20160109_130226 20160109_130241 20160109_130309