新春祈願大祭

1月5日
穂高神社では毎年恒例の新春祈願大祭が行われております。

安曇野の名称になった安曇族は古代福岡市志賀島と博多湾一帯にあり、
大陸との交易を行うにあたり、航海安全・交易成就を安曇族の祖神で
ある海の神、綿津見神・穂高見神に祈った。
穂高見神・綿津見神を祀る当神社にあっては昭和の御代になると
交通安全・産業発展の守り神に変化したのは必然的な事であった。
穂高神社より引用

昭和三十年代、自動車が普及するとともに穂高神社で「自動車のお祓い」を受けることが、
自然の流れとなり。全国に先駆けたのが穂高神社となります。

穂高神社

穂高神社

交通安全祈願

交通安全祈願

交通安全祈願