D51安曇野を走る?

2月25日
安曇野の北に位置する穂高立足地区には昭和52年にD51蒸気機関車がやってきました。

安曇野が知れ渡った頃、町興しの一環として、中房の源泉を利用した温泉・プール施設

サンクラブ穂高が造られたのを記念して設置されました。それから37年と言う年月を経て

設置場所の変更に伴い先日仮設レールを作り3日間をかけてD51は動きました。

元は南北に設置されてましたが、向きが東西に変わりやや北の方に移動しました。

(安曇野市HP参照)

このD51は昭和15年に九州小倉で生まれ当初は熊本で活躍し戦時中は広島で原爆に被害に
あいその後北海道へと活躍の場が移動、激動の昭和を駆け抜けた名機関車です。
今は静かな安曇野の地でひっそりと余生を送ってます。

D51蒸気機関車
静かな安曇野にひっそりと腰を据えてます。

D51蒸気機関車
迫力の雄姿です。

D51蒸気機関車

D51蒸気機関車
重厚な造りです。

D51蒸気機関車
機関車マニアはもちろん機械好きにもたまらない機関車の造形です。

D51蒸気機関車

D51蒸気機関車

D51蒸気機関車

_IMP9838
1115両造られた内の483号機と言うことです。

D51 蒸気機関車について