ん~すっかり冬山

11月27日

珍しく2日間も雨が続いた安曇野ですが、山は雪だったのでしょう。

雲の合間から見える常念岳は冬山そのもの!来月からはこの雪が

麓あたりでもチラつくことになるんですね。雪となると今年の2月

を思い出します。ほどほどに降ってほしいところです。

雪に覆われた常念岳

雪に覆われた常念岳

まっるっきり冬山です。

気が付けばすっかり…

11月22日

3連休初日。今日は好天に恵まれました安曇野です。

朝の氷点下の気温と裏腹に日中は16度を越えぽかぽか陽気となり

久しぶりに上着を脱ぎ外を歩きました。

北アルプスは気が付けばすっかり冬の装いです!

考えてみればこれから7月までこの雪はなくならないと思うと本当にアルプスの冬は

長いですね。

爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳

アルプスは、すっかり冬景色です。

燕岳

燕岳も白くなっています。あの夏の暑さがウソのようです。

朝晩の寒暖差が激しいこの時期体調を崩さないようにしなければいけないです。

 

信州に鯨???

11月19日

信州にクジラが居るのはご存知でしょうか。

安曇野市の東に位置する松本市四賀方面(旧四賀村)には穴沢の豆岩など地質学的に

非常に貴重な地層や化石が多くみられます。

岩石の破片には,魚のうろこ,魚の骨,二枚貝,メタセコイヤなどの植物化石から

果ては鯨の化石まで存在します。

今から1500万年前の生物と時を隔て対面とロマンを感じずにはいられません。

ここ松本市四賀では保福寺川で発見されたシガマッコウクジラの化石が展示されている

化石博物館もあり一見の価値ありです。

豆岩

太古の地層が露出している豆岩です

豆岩 露岩

豆岩

見て納得の豆岩

豆岩

豆のような石が無数にあります。

鯨の化石

クジラ化石の現場です。

鯨の化石

鯨の脊椎の化石です。でかい!

クジラ骨の説明文原文

昭和11年に発見された鯨の脊椎の骨の化石です。

シガマッコウクジラ発見場所

シガマッコウクジラ発見場所の保福寺川です。

保福寺川

昭和61年に地元の小学生が発見した場所です。どんな気持ちで発見したことでしょう。

マッコウクジラ発見場所

今年も始まりました!

11月18日

気温はかろうじて氷点下となっていませんが、じっとしていると足先から体の

芯まで冷えてしまいます。

そうした中、今年も始まりました国営アルプスあづみの公園イルミネーション!

寒い最中ではありますが、これを見ないと年を越せません。

完全防寒にてご鑑賞下さい。

国営アルプスあづみの公園イルミネーション

国営アルプスあづみの公園イルミネーション

国営アルプスあづみの公園イルミネーション

国営アルプスあづみの公園イルミネーション

国営アルプスあづみの公園イルミネーション

国営アルプスあづみの公園イルミネーション (17)

国営アルプスあづみの公園イルミネーション (18)

国営アルプスあづみの公園イルミネーション (12)

国営アルプスあづみの公園イルミネーション (13)

国営アルプスあづみの公園イルミネーション (11)

国営アルプスあづみの公園イルミネーション (8)

国営アルプスあづみの公園イルミネーション

2014 国営アルプスあづみの公園イルミネーション

太陽の日差しには感謝感謝です

11月15日

早いもので11月半分終わりました。この半月で確実に季節は冬に近づいてくるのが

分かる気温となってきました。とにかく朝晩は寒い、寒い空気は本当に身が引き締まります。

今朝は、雲が多いながらも東の空がきれいな朝焼けとなり寒い朝に暖かい日が注ぎました。

朝焼け雲

周遊バス運行終了 中房線も残りわずか・・・

11月10日

安曇野を各所を回るバスあづみ野周遊バスの運行が
11月4日をもって今年の運行を終えました。

今年は夏場は特に天気が悪くお客さんの姿は少なかった印象です。
駅から降りてくる観光するお客さんの足も少なかったです。
自然豊な安曇野をバスで巡りながら観光するにはやはりスッキリと
晴れた日に行いたいですね~。
西側にそびえ立つ北アルプスは6月頃までは雪が残っていて、
夏場は青々とした山に姿を変え登山をするお客さんが賑わいます。

また北アルプスのひとつ燕岳と穂高を結ぶ路線バス 中房線乗合バス
今年の運行も残りわずかになってきました。
中房線も9月の3連休に入るまではなかなか天気が邪魔をして
登山をしたいお客さんはウズウズしたんじゃないでしょうか・・・。
今年の残りの運行は毎日ではないので乗られる方は注意して下さい。

この2つの路線運行が終わるともうあっという間に冬になっていき、
今年1年が終わろうとしています。早いものですね~

 01

02

03

04

05

06

07

08

09

初めての旅へ! 四国愛媛県へ!

10月18日~10月20日

JA様のお仕事で2泊3日の貸切の運行をしてきました。
四国愛媛県に安曇野から約11時間、距離730kmの長い初日になりました。
最初の2日は快晴に近い天気になり明石海峡大橋、鳴門海峡もよく見えて
景色も素晴らしかったです!

今回の仕事は愛媛の農協に関わる各所を研修に回るコースでした。
自分はプライベートでも四国に行った事もなかったので、長い運行でしたが
とても勉強になる貸切になりました。
個人的にはみかん狩りを楽しめたこと、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の
もとになった建物道後温泉も見ることができました。

今はどこも観光シーズンということもあり、途中渋滞も事故もありました。

写真は淡路SAから撮ったもの・道後温泉街・しまなみ海道・みかん狩りです。

 sikoku (1)

sikoku (2)

sikoku (3)

sikoku (4)

sikoku (5)

sikoku (6)

sikoku (7)

sikoku (8)

sikoku (9)

sikoku (10)

sikoku (11)

sikoku (12)

 

安曇野は雲海の中

11月6日

毎年この時期になると、安曇野の朝は霧が立ち込め、山から見れば雲海の中となります。

そうした中を走ると、とても見通しが悪く普段以上に気を付けて走らなければなりません。

視界悪し

幻想的な風景

霧の中に太陽が霞んで見えとても幻想的な風景となっていますが、ただ寒いです。

9時を回れば、ほぼ霧は晴れてき日中は暖かい日差しが戻ってきます。

秋深まる

11月5日(水)

今朝も寒かった~0度近いかそれ以下か車の窓ガラスは凍りついていました。

紅葉も麓まで降りてき山の頂は白くなりはじめいよいよ秋も終盤でに入って

来ましたね。すっかり暖房器具が離せない時期となりました。

麓も紅葉

麓は紅葉、山は冬です。

常念岳

常念岳も白くなり始めました。

常念岳